原付は自賠責保険だけでイイ?

免許があれば気軽に乗れる原動機付自転車。
原動機自転車とはいっても、最高速度は自転車の数倍出ます。

一般的には原付と呼ばれる原動機付自転車、原付は自賠責保険をかける義務があることを知っていますか?

「自賠責保険は車検をするものにだけ、つけるのでは?」

その思い込みは大変危険です。

原付が自賠責保険に加入してないとどうなるのか、事故を起こしたときどうなるのかなど原付の保険について再確認していきましょう。

自賠責保険はどんな保険?

自賠責保険は、自動車損害賠償保障法によって制定された保険です。

高度成長期の日本は自動車社会が急成長し、交通事故も急増。
なんの補償もしてもらえない交通被害者が出てくる事態に、政府が車の所有者に強制的に保険をかけるよう義務づけました。

公道を走行するときには必ず加入することから「強制保険」とも呼ばれています。

自賠責保険の補償範囲は対人のみ

自賠責保険は【被害者救済】の保険なので補償範囲は【対人】に限られます。

被害者は、交通事故で負ったケガや後遺症、生活の最低限を補償してもらうため加害者に直接請求することなく受けとることができます。

被害者救済のためだけの保険なので、事故で壊した物や自分自身のケガや後遺症の補償はありません。

自賠責保険に未加入のままで公道を走行すれば

❏ 1年以下の懲役または50万以下の罰金
❏ 違反減点6点
❏ 運転免許証の停止

このような重い刑が科せられます。

これは法律で定められた保険に加入していないので当たり前のこと。
うっかり忘れていたではすまされないことを覚えておきましょう。

自賠責保険の補償範囲とは?

対人のみの補償である自賠責保険は、最低限の補償の確保が大前提です。

自賠責保険の補償限度額
❏ 障害:120万円(1名につき)
❏ 後遺障害:75万円~最大4,000万円(1名につき)
❏ 死亡:3,000万円(1名につき)

この金額、少ないですよね。

しかし、これが自賠責保険の最低限の補償なのです

それでも未加入のバイクと事故をして、被害者になってしまった上に救済が全くないことに比べると自賠責保険がどれだけ大切なのか理解できます。

原付は自賠責保険だけで大丈夫?

自動車には自賠責保険の他に任意保険をかけていますね。

任意保険は自賠責保険とは違い

❏ 対人保険
❏ 対物保険
❏ 人身傷害保険
❏ 搭乗者保険
❏ 車両保険

手厚い補償内容の保険となっています。
自動車がもたらす交通事故の大きさをフルカバーしてくれるのが任意保険です。

では、原付が加入する事のできる任意保険はないのしょうか?

ファミリーバイク特約

任意保険には【ファミリーバイク特約】というものがあります。
これは契約者の家にある原付で事故を起こしてしまった場合、自賠責保険ではカバーできない部分の補償をしてくれます。

ファミリーバイク特約は、自賠責保険に加入していることが条件となりますので、原付の自賠責保険が未加入ですと補償できません。

最近の交通事情は目まぐるしい成長を成し遂げています。
原付といえども大きな事故になれば一生の補償もかかってきます。

一律の補償である自賠責保険をカバーする【ファミリーバイク特約】へ加入しておくことで、より高い安心度を手に入れられます。
(バイクを契約自動車として保険加入することもできます。)

原付の自賠責保険加入はドライバーの義務

車検義務のない原付は、すっかり忘れて自賠責保険に加入していなかったと、事故を起こしたり、検問で停められたりしてわかることも少なくありません。

原付の自賠責保険はネットやコンビニで24時間気軽に加入できます。

事故を起こしてしまってから慌てることがないように、しっかり自分がどこの会社でどのくらいの期間で自賠責保険に加入しているのか、もう一度チェックしておきましょう。

ドライバーの義務として自賠責保険の加入は当然のことと頭に入れておくことが、悲惨な交通被害者を出さないことに繋がるのです。

このホームページは、概要を説明したものです。詳しい内容については、「自賠責保険のしおり」をご覧ください。なお、ご不明な点につきましては取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。